文字の大きさ:
交流大会

交流大会

テニス

テニスは明治時代に日本に伝えられました。
ハードコートやクレーコート、グラスコートなどの様々な材質のコートで行われ、ポイントの取り合いで試合が進行していきます。
最近の日本人選手の世界での活躍により更なるブームに火が着き、性別や世代を問わず多くの愛好者に楽しまれています。

ゴルフ

ゴルフは明治時代に日本に伝わりました。
止まっている球を打ち、ホールに入れるという単純なルールですが、天候や季節によりゲーム運びが大きく左右されるなど、高い技術力と精神力が必要となるスポーツです。
また、国内には2,000箇所以上のゴルフ場があり、世代や性別を問わず多くの人に親しまれているスポーツです。

弓道

弓道は日本古来の武道であり、和弓を使い的に当たった弓の数を競います。
射法八節と言葉あるように、弓道では「足踏み」から「残心(身)」までの一連の動きを終始一貫し、淀みなく行う必要があるなど、鍛錬された心身が必要となります。
また、2006年5月にはヨーロッパやアジア、オセアニアなどの24ヶ国が加盟し、国際弓道連盟が設立されるなど、世界中で多くの愛好者に親しまれています。

水泳

現在の競泳の形が日本に普及したのは、明治末期から大正初期にかけてヨーロッパから西欧近代泳法が伝えられたのが始まりと言われています。
1928年のアムステルダム五輪で初めて日本人選手がメダルを獲得して以降、数多くの世界大会でメダルを獲得するなど競技スポーツとしての人気のほか、健康増進などを目的とした生涯スポーツとしても高い人気を誇ります。

サッカー

サッカーは明治時代に日本に伝えられました。
日本では、国内リーグの結果や日本人選手の海外リーグでの活躍などが日々放送されるなど、国民的人気を誇るスポーツです。また、最近では女子日本代表「なでしこJAPAN」のW杯や五輪での活躍により、世代や性別を超えて更に人気が高まっています。

太極拳

太極拳は中国に伝わる伝統武術の一つであり、力を使わずリラックスした動作が特徴的な運動です。
競技スポーツとしてはもちろん、性別や年齢を問わず楽しむことができ、仲間との交流や健康増進を目的に行われる生涯スポーツとしても高い人気を誇っています。

ダンススポーツ

ダンススポーツは、ダンスのスポーツ性に着目し考案された種目であり、男女がペアとなり、その技術等を競うスポーツです。
2010年に中国・広州で開催された第16回アジア大会ではダンススポーツが正式種目に決定されるなど、世界的にも注目を集めているスポーツです。